プラチナリングプラチナペンダント・ネックレスプラチナピアスプラチナアイテムプラチナジュエリー取扱店

ホワイトゴールド=白金?

プラチナとホワイトゴールドの違いってなんでしょうか。
プラチナって白金とも書くからホワイトゴールドとよく混同されるけど、まったく別のものなんですよ。
確かにホワイトゴールドを直訳すると白金になるんだけど。

ホワイトゴールドっていうのは純金にパラジウムと銀を混ぜた金属で、他にもニッケルや銅、亜鉛を混ぜると白色の金が作れるんですよ。あとは銅だけを加えてピンク色にしたり、色や硬度・強度を変えることができるんです。ピンクゴールドは肌の色にも近いから馴染みやすいし。プラチナもそうだけど、純金のままだと柔らかすぎて宝飾品にするには実用的じゃないから、他の金属を混ぜて硬度を上げます。

ホワイトゴールドの表示

表示としてはK18WGとK14WG があって、K18WG は金の含有率が 75 %で K14WG は 58.3 %です。 ただし、K14WGは硬度が高い分、金の含有率が低いから酸化しやすいんですよね。ホワイトゴールドはデザインを変えたりやサイズ直しなどの加工が、純金やプラチナよりも難しくなるから購入時にはサイズ・デザインをじっくり検討してくださいね。

トップ プラチナリング プラチナネックレス プラチナピアス プラチナアイテム プラチナジュエリー取扱店 このサイトについて リンク