プラチナ・ダイヤモンド・金など貴金属の情報サイト icon
お問い合わせ

プラチナだけが持つ永遠の純性、近年におけるプラチナの用途について

プラチナとは

プラチナ(和名:白金 英名:platinum)原子番号78の元素であり、白金族元素の一つです。元素記号はPt。銀白色の光沢が美しいのでジュエリー素材として重用されています。

また、酸に対しても抜群の耐食性があるため、金と同様、王水以外では溶かすことができないほど安定した金属です。

一般的にジュエリー業界や自動車の排気ガスの浄化、工業製品の触媒として利用されていますが、その際は「プラチナ」と呼ばれることが多く、学術的に正しい「白金」という言葉はあんまり使用されません。というのも、白金というと文字通り白い金、つまり「ホワイトゴールド」と混同されがちだからです。

実はすごく長い!プラチナの歴史

プラチナの歴史は非常に古く、古代エジプトの第18王朝時代にはファラオ(大きな家を意味する古代エジプト王の称号)がジュエリーの素材として使用していたと言われています。これほど古くからジュエリーの素材として使用されていたというのは驚きですが、古代のエジプト人がプラチナとして認識しながら使用していたかは謎のままです。

今のところルーブル美術館に収蔵され、紀元前720年から紀元前659年頃のものとされる「テーベの小箱」が現存している最も古いプラチナ製品だとか。この小箱は化粧箱なのではないかと推測されており、エジプトのテーベにある女性神官シェペヌペットのお墓から発見されました。女性神官ということですから、お化粧するときにこのプラチナ製の小箱を愛用していたのかもしれませんね。

 

10世紀頃の南米でも発見される

さらに10世紀頃には南米でも純度80%以上もある高品質なプラチナがジュエリーとして使われていたことがわかっています。

古代エジプトほどではありませんが、10世紀頃にすでにこれほど高度な精錬技術を持っていたとは・・というのも合金状になっているプラチナを当時のテクノロジーで融点まで加熱するのは無理なはずなんです。なんせプラチナの融点は1769°Cですからね。

しかしながら、酸素では酸化されないという貴金属の特性を活かして粉末冶金という方法で成型していたのではないかと言われています。つまり、プラチナを粉末状にして、それをプレス成形していたのではないか、と考えられているんですね。

南米はスペイン人によって侵略されていますが、その際にプラチナを銀と間違えて持ち去ったという。プラチナを銀と間違えるなんて、今の価値観から言えば真逆なんですけど、当時はヨーロッパで銀が重用されていましたからね。まあ、銀も立派な貴金属ではあるんですが。とはいえ、持ち帰ったスペイン人もプラチナの融点が高すぎて加工することができず、めちゃくちゃ勿体無いことにごっそり廃棄してしまいました。

10世紀頃の南米でも発見される

スペインの探検家であり、軍人でもあるアントニョ・デ・ウリョーアは1736年から1744年までの間に、コロンビアのピント川にて銀白色の美しい金属を発見します。これがプラチナなのですが、スペイン人たちは「ピント川の小さな銀 (platina del Pinto)」と呼んでいたそうです。この言い方からして発見当時はあんまり貴重なものとしては扱われておらず、銀の偽物っぽい扱いを受けているような気がします。ちなみに元素名のplatinumの語源はplatina del Pintoから来ているわけですね。

今までに採掘されてきたプラチナの総量はわずか4,000トン。これは体積にすると約6メートル四方の立方体にしかならないんです・・・今までに人類が世界中で採ってきたプラチナ全部ですよ!?この産出量の少なさがプラチナの希少性を物語っており、今となってはプラチナチケット、という感じで貴重なものの最たるものとして認識されています。

様々な分野で大活躍のプラチナ

プラチナの用途として第一にイメージされるのはジュエリー素材としてではないでしょうか。それもブライダルジュエリー、エンゲージリングなんかを想い起こさせると思います。

しかし実はプラチナは科学的に酸化されにくく安定しているため、電極や度量衡原器なんかにも利用されているんです。

特定の化学反応の反応速度を速めるという特性も高く評価されており、自動車の排気ガスの浄化にも大活躍しています。さらには自動車の点火プラグや排気センサーなど、ハードな環境にも耐えうる高い耐久性を誇るのです。

しかも、水素化反応の触媒や燃料電池への利用も行われており、宝飾産業や自動車業界だけでなく、化学工業でもひっぱりだこなんですね。プラチナって綺麗で錆びないってだけでジュエリー素材としても重用されているのに、触媒としても超有能なわけです。

ちなみに主要な用途は燃料電池の電極や携帯電話、ハードディスクなど工業用品ということになります。ジュエリーとしてのイメージが強すぎるのですが、これは日本だけなのかもしれませんね。

プラチナの産出国

プラチナの産出国として有名なのは南アフリカ共和国とロシアですが、この2カ国で産出量の9割を占めているというから、その偏り方がよくわかります。

産出される際にプラチナはロジウムやパラジウムなど、科学的に性質が似ている元素とものと同じ鉱石に含まれており、パラジウム、ロジウム、ルテニウム、イリジウム、オスミウム、プラチナの6元素を白金族元素と呼びます。ちなみにロジウムは、プラチナの倍ぐらいの高値で取引されることもあります。(その時の貴金属相場によりますが)

プラチナの産出国としてぶっちぎり1位は南アフリカ共和国で約75%、ロシアが約17%でカナダが約3%・・・と続きます。南アフリカ共和国の割合がデカすぎる気がしますけど、南アフリカのブッシュフェルトという所にはプラチナとロジウムなどの白金族を多く含んでいるという厚み数十センチという分厚い地層が発見されているのだとか。とんでもないお宝です。

わが国日本でもちょっとだけ埋蔵されており、新潟や北海道で砂金と同じように河川や旧河床から採掘される砂白金が見つかっています。

プラチナの純度とその表記

プラチナジュエリー用の白金合金の純度は金や銀、パラジウムのように千分率で表記することが定められています。プラチナリングなんかによく刻印されているPt950, Pt900, Pt850というのは千分率を表しているんですね。

キズつきやすく、加工がしにくいのであんまり使用されませんが、99.9%の純度を誇るPt1000があります。ちなみにどこからどこまでがプラチナジュエリーか、というと社団法人日本ジュエリー協会はPt850 以上と定めています。85%以上がプラチナでできていないとプラチナジュエリーとは名乗れないわけですね。

最近は地金の価格が高騰しているため、実際はK18ぐらいの純度であるPt750だとか、K14に相当するPt585という微妙な純度のものがマーケットに流入しているといいます。

消費者は刻印さえ入っていれば、そうなのだと思い込んでしまいますし、実際確かめようがありませんからね。海外でも同じような問題が起こっており、中にはPt100なんていう、一見すると「100%プラチナなのかな?」と思わせるような紛らわしいジュエリーもあったりするので注意が必要です。

白金というプラチナの和名

プラチナという名前が圧倒的に広まっているんですが、学術的には白金が正しいんです。この白金という和名は江戸時代の蘭学者である宇田川榕庵が命名したと言われており、日本で最初にプラチナという用語が使用されたとされています。当時のオランダ語を翻訳する際に、学術用語である酸素、水素、窒素、炭素、白金なんていう言葉を全て宇田川榕庵さんが造ったという。

プラチナジュエリーへの刻印

プラチナジュエリーとして使用される際にはその含有量を示すためにPtという記号が打刻されますが、Pmと表示されることもあったそうです。Platinum metalという言葉の略だとされており、Pm950といった感じで表記されていることが多いですが、その純度には疑問が残るようです。いずれにせよ昔の表記方法だということですね。

ダイヤモンドとの相性も抜群

マリッジリングやエンゲージリングなどブライダルジュエリー素材としては最高峰の地位を築き上げたプラチナ。やはり宝石の中で最高とされるダイヤモンドと組み合わされることが多いようです。ダイヤモンドの多面的で永遠を感じさせる輝きと、プラチナが持つ柔らかな銀白色は相性抜群のセッティングとして世界中で愛されています。

国際的なキログラムの原器

現在、国際的に重さの単位としてキログラムが使用されていますが、この国際的なキログラムの原器として90%のプラチナと10%のイリジウムを含む合金が用いられており、国際度量衡局に保管されています。ちょっとでも数字が変わってくると世界的な基準が変わってしまうことになりますので、真空中に二重の気密容器でガッチガチに保護されているそうです。

白金とも呼ばれるプラチナ

プラチナ(PLATINUM)は主に宝飾品に使われる銀白色のキレイな貴金属です。 白金とも呼ばれることがありますけど、これは「はっきん」と読みます。

18世紀に発見された17番目の元素で、プラチナは原語で「小粒の銀」を意味しています。

プラチナの硬度・質感

元素記号はPtで密度は21.45g/cm3、他の貴金属に比べると熱や薬品にも強いんですけど、硬度は4.5だからダイヤモンドが10ってことを考えるとそんなに硬い金属じゃありません。

でも密度と重さがあるから重厚で、高級感があって金属としての純度が高いから肌にやさしいし、アレルギー反応を起こしにくい、といいことずくめなんですよね。 生産量は金の30分の1以下と極端に少ないからとっても高価で、宝飾品の素材としては最高ランク!うーん、憧れ・・。

貴金属、という文字通りプラチナは貴重な金属

プラチナは原鉱石から精錬する作業時間もかなりかかって、金が1週間なのにプラチナは8週間もかかってしまいます。精錬に時間と手間がかかるってだけじゃなくて、3gのプラチナを取り出すのに、なんと1トンもの原鉱石を用意しないといけないので、実は結婚指輪ひとつ作るのも大変なんですね。

日本でダントツ1位の人気を誇るプラチナ

日本の女性に特に人気があって、世界の宝飾品に使われるプラチナの1/4が日本で消費されているんです。少ない産出量の1/4も日本で消費しているなんて驚きですよね。 プラチナがもつ純粋性と希少性だけでなく、美しさを維持できる、という点が日本の女性が持つ感性にピッタリなんでしょうね。

3代目ルイ・カルティエがこのプラチナに魅了されて、ダイヤモンドの石留めの部分にプラチナを使ったっていう話がありますけど、その頃から世代や時代が変わってもプラチナの魅力は全く衰えません。

次項からはプラチナの人気の秘密や歴史的背景、宝飾品以外の用途やその特徴を掘り下げていきます。
PR スワロフスキー ネックレス

プラチナ

プラチナの純度

ハードプラチナとは

ホワイトゴールドと白金の違い

プラチナリング

プラチナアクセサリー

プラチナのお手入れ

砂白金

プラチナの用途

プラチナ投資について

このサイトについて

ジュエリー業界

ダイヤモンド

宝石

貴金属:金

貴金属:プラチナ

貴金属:シルバー

真珠

金相場

宝飾産業イベント

貴金属の買取


トップ プラチナリング プラチナネックレス プラチナピアス プラチナアイテム プラチナジュエリー取扱店 貴金属コラム サイトについて リンク